近頃は毎年のように寒くなるとインフルエンザにかかる人が続出しています。

近頃は毎年のように寒くなるとインフルエンザにかかる人が続出しています。

年を追うごとに予防注射をする人も増えていますが、都市部では相当の数の人が感染しています。実際の感染の原因は色々考えられますが、通勤中の電車や街中、職場など、大人数と接触する空間で感染している可能性が考えられます。

私が便秘になった理由は、運動不足のせいなのでしょう。

毎日の通勤手段も車なので、ほとんど歩く事もありません。犬を飼っているわけでもないので、散歩にもなかなか行きません。

そのような生活のせいで、私は便秘になったのだと思うのです。

便秘改善のためにも、今日からウォーキングを行おうと思います。この前、インフルエンザになって内科を受診しました。
どれくらい潜伏期間があるのか明確ではないのですが、インフルエンザの人とどこかで一緒になってうつってしまったのだと思います。

高い熱が3日続いていて苦しい思いをしました。高い熱が続くインフルエンザは、通常の風邪より辛いですね。

インフルエンザの感染が判明すると学校などには、5日間出席できなくなります。

インフルエンザに感染した際でも、発熱は2、3日で治まるので、登校しようと思ってしまうかもしれません。

たとえ熱が下がっても、堰やくしゃみなどにウィルスはまだ残っており、他人にうつしてしまう危険性があります。なので、お休み期間は守ることが集団感染しないためには重要なことです。

アトピーは乳酸菌を摂取することで、改善できる可能性があります。

アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEという抗体が出来る性質があります。

ただ、このIgEがあまりに多く作られてしまうと、過剰反応を起こしてしまい、アレルギーを起こす結果になるのです。これが、アトピー症状を非違起こす原因だといわれていますが、乳酸菌には大量にIgEが発生することを阻む働きがあるとされています。昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、おえそから両側に指2本分くらい空けたところに天枢(てんすう)が有名です。また、おへその下5cmくらいのところに存在するふっけつというツボも良いと思います。手にも支溝(しこう)と外関(がいかん)と言われるツボがあります。便秘のタイプそれぞれによっても、効果的なツボが異なるので、自分に合ったツボを押すことで改善できやすいでしょう。

オリゴ糖というのは便秘に効果的なんだろうかと、疑問を持たれている人がいます。ビオフェルミンを飲んだり、ヨーグルトを食べても便秘が改善されないのに、オリゴ糖ならちっとは良くなるんだろうかというような解らない点ですが、改善することが結構あるようです。

乳酸菌がお腹や体の健康に良いのは誰でも理解できます。

ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効果が出ないのではという予想の人もいます。
実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく食べるだけで腸内の免疫機能が上って、従って身体全体の健康になってくれるのです。

乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るというところでは一緒ですが、ビフィズス菌にはそのほかにも、酢酸などの成分も、作る能力があるのだそうです。

だから、ノロウィルス対策に効果的と言われているのでしょう。
最近では、様々な感染症についての聞く機会も増えたので、、とにかく積極的に摂るといいと思います。

ヨーグルトは便秘によく効くといわれますが、私の経験によると、かなりたくさん食べないと、効果があまり感じられません。日ごとに1パックぐらい食べて、やっとお通じがあります。

ヨーグルトが大好きな人はいいですが、嫌な人もジャムで味を変えたりしてなるべく摂取するとよいでしょう。PR:http://xn--h9j8c2b3978a9pza8jdc1p.biz/

コメントは受け付けていません。